腸内フローラ 睡眠

腸内フローラを整えることによって睡眠の質量を良くする

 

腸内フローラということばを耳にすることが多くなりました。様々な病気の発症(大きなところだと大腸がんなど)に関係することが言われています。

 

この腸内フローラを整えることで睡眠も良くなるってご存知でしたか?よい睡眠を誘導するホルモンがあるのですが、そのホルモンの素となる物質は腸で作られます。つまり腸の環境が良くすることで良い睡眠を導入するホルモンの分泌が活発になり、結果として睡眠の質も上がるというわけです。

 

 

わたしたちの腸の中には非常にたくさんの種類・数の菌がすいんでいます。腸内細菌の種類は100種類以上、数は約100兆個とも言われています。これらをザックリと種類分けするとビフィズス菌や乳酸菌といったカラダにとって有用や働きをする善玉菌、逆にクロストリジウム、ブドウ球菌などの腸の中を腐らせたり、有害物質を作ったり、とカラダにとって悪い働きをする悪玉菌、そして普段は良い働きも悪い働きもしないが、悪玉菌が優勢の時には一緒になってカラダにとって悪い働きをする日和見菌(ひよりみきん)の3つに分かれます。

 

これらの菌が特に集まっている場所が回腸(かいちょう、小腸の終わりの場所)から大腸にかけての場所です。この場所では様々な腸内菌が種類ごとに塊を作り腸内の腸壁にビッシリと生えています。これを腸内フローラ(腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう))といいます。

 

ちなみにフローラとはお花畑の意味です。たくさんの菌が種類ごとに塊を作ってびっしり生えている様子がお花畑と共通することからこのように名付けられました。

 

 

ここから腸内フローラを整えることと睡眠の関係を紹介します。この話におおいに関係するのが「メラトニン」というホルモンです。メラトニンの分泌がしっかりと行われると、睡眠の質が上がり「しっかりと寝られた!」という実感が持てるので、起床する際にもスッキリとした頭で気持よく目覚められるようになります。それに加えて、メラトニンには抗酸化作用が強いことが分かっていますので、「若返りホルモン」とも呼ばれています。毎日を活力あふれて若々しく生きるためには非常に重要なホルモンであることが分かりますね。

 

このメラトニンは脳内で分泌されるホルモンです。となると、腸内フローラを整えることとは無関係のように思えます。しかし、実際にはこのホルモンと腸内フローラ間には非常に強い関係があります。というのもメラトニンの前駆体(材料となる物質)は腸で作られるのです。つまり、腸内フローラのバランスが悪いと材料となる物質が十分に作られないため、結果的にメラトニンの分泌量も減少し、しっかりとした質の良い睡眠もできない、というわけです。

 

メラトニンの材料であり腸で作られるものの1つにビタミンB6などの各種ビタミン類があります。腸が健全な状態であれば、腸内フローラも豊かで良い状態に保たれます。そうした状態の時に肉・魚・卵などのタンパク質を食べると、これを原料にして腸内で各種ビタミン類の合成が活発に行われます。その結果、メラトニンの分泌量が増え、質・量(時間)の両面においてより良い睡眠を行える、というわけです。

 

 

また、腸内フローラを整えることとうつ病にも関連があることが分かっています。睡眠のところでお伝えしたメラトニンの前段階のホルモンをセロトニンといいます。このセロトニンは私達の精神面に大きな影響をあたえる物質であることが分かっています。

 

もっとその影響を詳しく言うとわたし達の心のバランスを整える作用があるのです。つまり、セロトニンの分泌量が減ると、わたし達の心のバランスが保てなくなり、ひどい場合にはうつになってしまいます。こうならないためにもセロトニンの分泌を増やすためには腸内フローラの状態を良くすることが非常に重要となってきます。

 

 

このように睡眠やうつ病に関係する腸内フローラを良い状態に保つための方法については以下の記事でお伝えしていますので、そちらも参考にしてください。

 

 

参考:腸内フローラの改善|手軽にできるのはコレ

 

 

こちらもあわせて読みたい
乳酸菌は善玉菌を増やし悪玉菌を減らすのはなぜだろう?
腸内フローラの改善に欠かせない善玉菌(乳酸菌)について紹介しています。

 

関連ページ

乳酸菌は善玉菌を増やし悪玉菌を減らすのはなぜだろう?
乳酸菌をとることは健康に良いというのは多くの人が知ってます。乳酸菌が善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすのがその理由と考えられていますが、それはなぜなのかご存じですか?そんな素朴な疑問にお答えします。
腸内フローラの改善|手軽にできるのはコレ
腸内フローラを改善するには善玉菌の摂取が不可欠。カルグルトを毎日の習慣にすることで腸内フローラを改善できることが期待できますよ。
酒さへの効果が特許で認められている乳酸菌を含むサプリはこちら
酒さの改善には乳酸菌が有効と言われています。とは言え、その種類は実に様々ですので、なんでもいいというわけではありません。こちらでは特許で酒さへの効果が認められている乳酸菌成分を含むサプリメントを紹介します。
腸内環境に関係する善玉菌や悪玉菌って一体何?
腸内環境という言葉、そしてそれには善玉菌・悪玉菌というもの関与すること。その辺はだいたいわかるのですが、では実際に善玉菌や悪玉菌が何者でどのように腸内環境の改善に役立つかはお分かりでしょうか?そんな疑問にお答えする解説をこちらではしています。