善玉菌 悪玉菌

腸内環境に関係する善玉菌や悪玉菌って一体何?

健康のために腸内環境を整えましょう、ということを聞きます。またコレに関係する細菌としてお腹の中に存在する善玉菌・悪玉菌ということばを耳にしますが、この善玉菌や悪玉菌というのは一体何なのでしょうか?

 

善玉菌・悪玉菌について具体的な細菌の種類やそれぞれの働きについて紹介します。

 

 

善玉菌は文字通りカラダにとってプラスの効果をもつ細菌ですが、もう少し掘り下げるとこれらが作り出す有機酸にプラスに働く秘密があります。

 

代表的な善玉菌にはビフィズス菌や乳酸菌(乳酸桿菌)が挙げられます。これらは腸の中で乳酸や酢酸といった有機酸を作り出します。この有機酸によって腸が刺激され、働きが活発になります。腸の働きが活発になることで水分の吸収がしっかりと行われ、便通が楽になる、といった効果があります。

 

また乳酸や酢酸が作られることにより腸の中が弱酸性の環境になります。弱酸性の環境は悪玉菌の増殖を抑制する効果があります。その結果、腸内腐敗を防いで病原菌に感染しにくくなる効果(免疫力を高める効果)があります。

 

 

一方、悪玉菌はカラダに対してネガティブに働く細菌です。ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(毒性株)などがこれにあたりますが、これらは善玉菌とは逆の働きをします。まず腸の動きを悪くしてしまいますので、便通が悪くなってしまいます。また腸内での腐敗を進めることになり、これも下痢や便秘といった便通への悪影響を及ぼします。

 

その他にはアンモニア、硫化水素、インドールといった私たちのカラダにとっての有害な物質を作ったり、発がん性物質を作ったりといった恐ろしい働きをします。

 

私たちの腸内には善玉菌・悪玉菌の他に日和見菌(ひよりみきん)という特に良い働きはしないが悪影響もない、といった菌もいます。悪玉菌の数が増えてしまうと、この日和見菌も一緒になって有害物質を作るようになってしまいます。

 

 

いかがでしたでしょうか?やっぱり腸内環境を整えて、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして健康に過ごしたいですよね。そのための1つの有効な方法としてヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどを日頃から食べる(摂取する)ことが挙げられます。毎日の食事にちょっとプラスするだけなので、手軽に始められますから、まずはあなたもこのあたりから始めてみるのもいいですね。

 

 

⇒ 腸でしっかり働く乳酸菌ならこちらがおすすめです

 

 

 

関連ページ

乳酸菌は善玉菌を増やし悪玉菌を減らすのはなぜだろう?
乳酸菌をとることは健康に良いというのは多くの人が知ってます。乳酸菌が善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすのがその理由と考えられていますが、それはなぜなのかご存じですか?そんな素朴な疑問にお答えします。
腸内フローラを整えることによって睡眠の質量を良くする
最近話題の腸内フローラと睡眠には深い関係があるんです。腸内フローラを改善することが睡眠の質・量の向上にどうつながっていくかを紹介します。
腸内フローラの改善|手軽にできるのはコレ
腸内フローラを改善するには善玉菌の摂取が不可欠。カルグルトを毎日の習慣にすることで腸内フローラを改善できることが期待できますよ。
酒さへの効果が特許で認められている乳酸菌を含むサプリはこちら
酒さの改善には乳酸菌が有効と言われています。とは言え、その種類は実に様々ですので、なんでもいいというわけではありません。こちらでは特許で酒さへの効果が認められている乳酸菌成分を含むサプリメントを紹介します。