赤ら顔 原因

赤ら顔の原因って意外と身近に!忙しい毎日を送る女性必見の驚きの答えとは!?

 

顔にトラブルが起こると目立つし気になるものですよね。「赤ら顔」と呼ばれる顔の広範囲もしくは頬や鼻などが部分的に赤くなる症状で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
この悩ましい赤ら顔の原因が身近な日常生活の中にあるというので、ご紹介していきたいと思います。

 

「皮膚の薄さによる赤ら顔」
皮膚は何層かに分かれていますが2層目の毛細血管が集中しているのが真皮と呼ばれる部分です。
この真皮にある毛細血管は普段なら皮膚の1層目である表皮に隠れて見えることはありません。
しかし表皮が薄いと毛細血管が表皮越しに見えてしまうことがあり、顔が赤みがかって見えるのです。特に皮膚が薄い鼻や頬の部分は赤くなりやすい傾向にあります。

 

「気温、体質による毛細血管の拡張」
外気温に合わせて皮膚にある毛細血管は広がったり縮んだりして、皮膚の温度を保つ役割を果たしています。
暑い気候の場合は屋内と屋外でそれほど温度の差が大きくないため、毛細血管の動きははそれほど活発ではありません。ところが寒い気候の場合は屋内外の温度がかなり違うため、毛細血管が広がったり縮んだりする頻度も増えます。
気温が低いと毛細血管は広がり皮膚の温度が下がらないようにしますが、毛細血管の活動が増えると次第に血管自体の縮む力が弱まってしまい、毛細血管が広がりっぱなしになってしまうのです。
これによって顔が赤くなるのです。
気温に関係なく、体質的に毛細血管が広がっているという場合もあります。

 

「ニキビによる炎症」
皮膚トラブルとしてよく聞くニキビも赤ら顔の原因の一つです。
ニキビによる炎症は血管を広げるため、ニキビ周辺の皮膚が赤く見えるのです。
一般的にはニキビが完治すれば炎症もひくので赤みも無くなります。ところが肌質によって赤みが引かず長引く方もいらっしゃいます。
ニキビが次々と出来てしまった場合、炎症がずっと起こっている状態になってしまいます。そうすると真皮や皮下組織に炎症による赤みが色素沈着してしまうことがあり、赤ら顔が続く場合もあります。

 

「皮脂による炎症(脂漏性皮膚炎)」
酸化は皮膚の上でも起こります。
皮脂の分泌は鼻や鼻の脇に多く見られますが、この皮脂が必要以上に分泌された場合肌の上に溜ってしまい空気と触れ合うことで酸化することがあります。
酸化した皮脂は皮膚の上に常在する菌と反応し、炎症を起こして赤ら顔を引き起こします。

 

「アルコール、香辛料、薬などの過剰摂取によるもの」
毛細血管を広げるアルコールや、香辛料など刺激的な食材を過剰に摂取すると血液の循環が滞り赤みが出ることがあります。
また皮膚トラブルでよく処方されるステロイド外用薬などでも、副作用として赤みが出ることがあります。

 

以上5つが赤ら顔の主な原因とされていますが、どれも身近で起こりうるものですので、自分の赤ら顔の原因はどれなのか…を見極めて正しいケアをすることが大切です。

 

関連ページ

すごく簡単な赤ら顔のスキンケア!顔の赤みが気になる女子はすぐに取り入れるべき方法
赤ら顔を気にしているからは多いことでしょう。あなたもその中の一人かもしれないですね。そんな赤ら顔に悩む方のために原因や対策、さらには効果的なスキンケアの方法などをお伝えします赤ら顔に効果的なスキンケアってどんなんでしょう?顔の赤みが気になっている女性は必見の赤ら顔のためのスキンケア方法を紹介します。
やっぱり関係あったんだ赤ら顔と疲れって!毎日が忙しい女性は特にケアすべき内容とは
赤ら顔って疲れと関係があるってご存知でした?忙しい女性は必見の赤ら顔と疲れの関係、さらには気をつけるべきケアのポイントについてお伝えします。
赤ら顔の対策はもう迷わない!!忙しいあなたが気軽に行える対応を紹介
赤ら顔の対策をどうしたものだかと悩んでいるあなたも安心してください。忙しい毎日を送るあなたでも気軽に行える赤ら顔対策を紹介します。
赤ら顔を食べ物でのケアもこれなら簡単!顔の赤みが気になる女性が今日からできること
赤ら顔と食べ物には密接な関係があります。味方につければ症状改善ができますし、付き合い方を間違うと更なる赤ら顔の原因となる食べ物についてケアすべきポイントを紹介します。